ビクニン

ビクニン

今日はバケムツの耳石を採取したが、体が黒い以外はアカムツによく似ている感じがした。しかし耳石の形状はアカムツとだいぶ異なっていた。さて、ムツシリーズのあとは、クサウオシリーズになるのかもしれない。

スズキ目・クサウオ科・クサウオ属のビクニン。

クサウオ属の魚は変異個体である可能性があるオーストンクサウオを含めて日本に11種、世界では60種以上が知られる大きなグループ。本種は鼻孔が2対、鰓蓋下端は胸鰭下端よりも下方にある、胸鰭に欠刻がある、尾鰭基底付近に明瞭な白色斑がない、背鰭と尾鰭は尾鰭後半部でつながる、背鰭軟条数45~48、臀鰭軟条数は37~40であることにより日本産の他の同属魚類と区別することができる。

尾鰭には縞模様があるがクサウオの白斑ほど明瞭ではない。背鰭や臀鰭と尾鰭はつながり、ウナギ類やアシロなどのような尾鰭となっている。

日本国内での分布域は広く、北海道の各地沿岸から、日本海側では島根県まで、太平洋岸では茨城県あたりまでその姿を見ることができる。海外ではサハリンから朝鮮半島までに分布する。生息水深は広くダイバーが入れるような浅い海から水深数100mの深海に及ぶ。底曳網などで漁獲されるが、クサウオの仲間は本種をふくめ、日本ではあまり食用とされていない。韓国ではクサウオが市場で売られている写真をみているが、どのように食するのかは気になる点だ。今回は標本用としてしまったので、残念ながら食卓にアップすることはできなかった。

今回のビクニンは、兵庫県の漁師さんから送っていただいたもの。私はこうやって魚を送ってくださる方々のおかげで、魚を理解することが出来るのだ。自分だけの力ではなく、たくさんの人に支えられてこれほど魚を理解することが出来たのである。クサウオの仲間は種類が多くて難しいが、検索図鑑やインターネットなどの力を駆使して同定出来たときはとても嬉しい気持ちになるのだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます