ニジカジカ

ニジカジカ

久しぶりの北海道産魚シリーズ。

スズキ目・カジカ科・ニジカジカ属のニジカジカ。

ニジカジカ属は日本では1属1種とされている。実際にはベロという似た種がいるのだが、これはベロ属という別属になっている。この2種の区別は意外と難しい。体側の模様からは同定できないという。同定のポイントは後頭部の様子で、ニジカジカは後頭部の皮弁が単一形であるが、ベロのそれは総状となっている。また前鰓蓋骨の形もベロと違っている。また瀬能 宏博士にこの二種の同定方法についてお伺いしてみたが、背鰭の斑紋も同定のポイントになるという。ただ私は残念ながらベロを手にしたことがない。もしベロを採集されたのであれば是非とも送ってほしいのである。

食性は他のカジカの仲間と同様に動物食性で、以前三陸沖産の本種解剖した際にはかなり大きなヤドカリが胃の中から出てきた。小魚や小型の甲殻類も好んで捕食しているものと思われる。沿岸のごく浅い場所から水深200mを超える深海にまで生息し、底曳網や刺し網などさまざまな漁法で漁獲される。

ニジカジカは太平洋岸では茨城県まで分布するが、日本海岸では山口県にまで分布する。よく似た魚であるベロはそれよりも少しだけ狭く、北海道~島根県・宮城県の沿岸に生息する。また生息水深も水深18m以浅と、ニジカジカよりも浅海に生息している種といえそうだ。北方性のやや深い海にすむ魚は、日本海岸では広く分布している事が多いような気がする。海外では朝鮮半島からロシア沿海州にまで分布している。北海道などで食用とされる海産カジカ類はトゲカジカ、ギスカジカ、ヨコスジカジカなどの大型種が中心であるが、本種も味噌汁や焼き物にして食べると美味しい。今日は短いですがここまで。

●カジカ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます