イッテンフエダイ

イッテンフエダイ

昨日のミナミフエダイに続き、フエダイ類特集パート2!スズキ目・フエダイ科・フエダイ属のイッテンフエダイ。

イッテンフエダイの特徴は、成魚の背鰭、臀鰭、腹鰭、尾鰭、そして胸鰭が黄色っぽい事、側線の上に黒っぽい模様があること。この黒っぽい模様は大きくなると小さく、不明瞭になってしまうことも多い。逆に掌くらいの大きさのイッテンフエダイだと、各鰭の黄色がちゃんと出ておらず、茶褐色になっていることが多い。

今回のイッテンフエダイは西表島の個体。前回ご紹介したミナミフエダイと一緒に頂いたもの。成魚はサンゴ礁域に生息し、幼魚は内湾の浅瀬でその可愛い姿を拝むことができるが、私はまだ汽水域で本種を発見したことはない。

分布域は広く、東アフリカからマルケサス諸島に至るインド-太平洋域の熱帯域に広く生息し、紅海やオマーンにもいる。日本では千葉県以南に生息しているが、本州から九州では幼魚が多い。イッテンフエダイは東南アジアでは食用になるようだが、沖縄ではシガテラ毒をもつとして市場にはあまり上がらない。食性は動物食性で、サンゴ礁に生息する小魚や甲殻類などを好んで食べる。

イッテンフエダイはクロホシフエダイによく似ている。よくクロホシフエダイの尾鰭は赤みをおびた褐色、イッテンフエダイは鮮やかな黄色とされがちであるが、大きいものやかなり小型の個体では怪しいものもいる。とくにクロホシフエダイの大きな個体は特徴的な黒色斑が小さくなっていくので、わかりにくいことがある。こういう場合は口腔内を見るとよい。クロホシフエダイの鋤骨歯帯の中央部は後方に突出するが、イッテンフエダイの鋤骨歯帯中央部は後方に突出しない。同定方法の詳細は夏にクロホシフエダイやイッテンフエダイが獲れたらこのブログでも解説したい。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます