ゴマフエダイ

ゴマフエダイ

一昨日のミナミフエダイ、昨日のイッテンフエダイに続き、スズキ目・フエダイ科・フエダイ属魚類特集パート3!

今日のフエダイ属魚類は、ゴマフエダイ。

ゴマフエダイは全長100cmに達する大型種。比Fishbaseの記録では150cmという記録がある。日本に生息するフエダイ属魚類のなかでは、バラフエダイとならぶ大型種だ。

体は赤みをおびていて、前回、前々回にご紹介したフエダイ属の魚ほど目立つ模様はない。しかし幼魚や若い個体の体側には横帯があり、他の多くのフエダイの仲間と区別することが出来る。日本では西表島浦内川に生息するウラウチフエダイは本種ににているが、本種とは体高と体長の比で区別することができる。

バラフエダイは本種に似ているが、尾鰭が湾入しているのが特徴的。また顔つきもバラフエダイの方がいかつい(ように思う)。

側線上方の鱗は体の前方で側線と並行している。これにより、鱗が斜めに配列されるバラフエダイと区別できる。鱗には一枚一枚黒い斑が入っているが、バラフエダイは鱗に白色斑が入る。またバラフエダイの眼の前には明瞭な溝があるが、本種にはそれがないことも、同定のためのポイントと言える。

よく本種とバラフエダイの同定方法が話題になるが、これは、バラフエダイはシガテラ毒魚として有名であるからだろう。もっとも、このゴマフエダイもバラフエダイほどではないがシガテラ毒魚であり食中毒の事例もある。大型個体は注意すべきかもしれない。

分布域は広く、東アフリカからライン諸島、紅海、そしてスエズ経由で地中海からも記録されている。日本においては千葉県以南の太平洋岸に生息し、岩手県からも採集されたことがある。九州以北の個体は幼魚が多いが、成魚に近いサイズのものも採集されている。

ゴマフエダイはミナミフエダイやクロホシフエダイの幼魚と同様に、小さいうちは河川の汽水域でみられ、大きいものはサンゴ礁域や岩礁に生息するようになるが、本種は30cmくらいの個体もマングローブ域で見られたりする。

沖縄では食用とされるが、まれにシガテラ毒をもつ個体もいる。他沖縄方面のマングローブでは釣りの対象魚として人気がある。英語名ではマングローブレッドスナッパー。マングローブ域に生息する赤いフエダイ、という意味のようだ。

ゴマフエダイは前に宮崎県で採集したことがある。最初に採集したのは2004年。港に2cmほどの小さな黒い魚がいた。その時は持ち帰らなかったが、のちに調べると、ゴマフエダイの子であることがわかった。二回目は2012年。宮崎市内の小さな河川?の汽水域。マハゼやツムギハゼ、カスミアジなどと一緒に見られた。やや大きめで全長10cm弱といったところであった。フエダイの幼魚を狙う釣りは、非常に面白い。大物を狙う釣りとは全く別の面白さだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます