ロクセンフエダイ

ロクセンフエダイ

今日で大型連休も最終日。フエダイ科特集も最終回。今日はロクセンフエダイ。

体が黄色く、細くて青い縦縞模様をもつフエダイの仲間は日本に3種、海外にはこの3種の他にLutjanus coeruleolineatusL. notatusL. viridis(東太平洋産の種)といった種が知られている。このほかに現在「ベンガルフエダイ」とされている種はいくつかの種に分けられる可能性があるようで、さらに増えるかもしれない。このほかにヨスジフエダイも線が細いのと太いのがいる。これは別種なのか変異なのかは不明だ。

ロクセンフエダイという名前なのだが、鰓蓋より後方の体側には線が5本しかない。頭部には確かに6本の線があるのだが。インド洋産のLutjanus coeruleolineatusL. notatusといった種は体側に6本以上の細い青い縦縞模様があるのが特徴だ。全長は30cmほどでフエダイの仲間では中型種。サンゴ礁域の枝状サンゴの隙間の獲物をつまみ出すのには図体がでかいのは不利だろう。

このロクセンフエダイも、体側の背部に黒色斑がある。しかしこれはクロホシフエダイなどと比べると不明瞭で、この斑がない個体も多いのである。同様のことはヨスジフエダイにもいえる。ただベンガルフエダイでこの黒色斑が出ている個体は見たことがない。

生息地はサンゴ礁やその周辺の砂地。ニセクロホシフエダイなどと異なり、河口域では見たことがない。熱帯域のトロールでも漁獲されるが、生息水深は数10mまでで深海では見られないようだ。

分布域は広く、インド洋からフィジーに至るインド-中央太平洋域にすむ。東アフリカやハワイ諸島には生息していないらしい。日本では静岡県から琉球列島、小笠原諸島にかけ分布している。琉球列島以北では幼魚が多いが、愛媛県では成魚も採集されている。私は意外なことに、このロクセンフエダイは何度か見ているものの、ヨスジフエダイはまだ2回しか出会っていない。高知県と石垣島で釣りにより出会えたのだが、それも小型の個体ばかりで、成魚は見たことがない。水族館では見られるのだが。

インド洋やマルケサス諸島などでは、この黄色い体に青い線があるフエダイ類ににたヒメジ科アカヒメジ属魚類が知られている。この手のフエダイやアカヒメジ属魚類は群れで行動しているが、このフエダイに似た体色はフエダイの群れとともに行動するためのものだろうか。一緒に群れていると、餌を探しにいくときなど、いいことがあるのだろう。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます