カスリイシモチ

カスリイシモチ

昨日はユカタイシモチを紹介したので、今日は(私が出会った日本産)ヒトスジイシモチ属のもう一つの種を。

スズキ目・テンジクダイ科・ヒトスジイシモチ属のカスリイシモチ。

昨日のユカタイシモチとは体高がやや高めであることで区別できる。体側には縦帯が1本あったり、腹部に多数の褐色斑がでることがある。褐色斑は死後明瞭になるのかもしれない。他のテンジクダイの仲間と同じく夜に釣るとラメが入ったようで綺麗だ。なお魚類検索では、「第2背鰭基底部に鞍掛状の暗色斑がある」とされているが、不明瞭なことも多いので注意。このほか体側の縦帯は出ていることも出ていないこともあるため、これの有無だけでユカタイシモチとは同定できない。黒色斑の位置やサイズなどでヒトスジイシモチと見分けることは可能そうだ。

テンジクダイの仲間は多くの種が口腔内で卵を保護することで有名である。本種もそのような卵の保護をするようだ。そのため卵は分離浮性卵を産むような魚にくらべたら生き残る率は高いだろうが、分散が難しいかもしれない。そのなかでも分布域が広く、紅海、南アフリカのアルゴア湾から中央太平洋のピトケアン諸島まで広い範囲に生息している。ハワイ諸島にも分布している。ハワイには近縁種Apogon menesemusがいるが背鰭や尾鰭の模様が本種とことなるようだ。尾鰭本当に格好良いよー!ちなみにハワイには意外なことにテンジクダイの仲間が少ないが、固有種が多い。

日本における分布域は伊豆諸島、和歌山県、高知県(写真の個体も高知県産)、屋久島以南の琉球列島、小笠原諸島。日本においても広い範囲に生息しているようだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます