ドジョウ

ドジョウ

先週の金曜日に採集へ出かけました。1月にもでかけた場所でした。前回採集したタモロコやヤリタナゴなどは殆ど採集することが出来ませんでした(タモロコは1匹採集しただけ)。昆虫類は多く写真のモンキアゲハなど数多く見られました。

採集して写真を撮った魚はたったの2種類。そのうちの1種がこのドジョウ。ドジョウは北海道から九州までの広い範囲に見られるようですが、残念ながらどこまでが在来でどこまでが移入かはっきりしないよう。

特に北海道や北日本、琉球列島のドジョウ類はドジョウとは別種とされます。最近になり以前このブログでもご紹介した「日本のドジョウ」で和名が提唱されました。ドジョウは北海道にも生息しているようですが、外来の集団で有る可能性が強いそうです。

髭が長くカラドジョウかと思いましたが、ドジョウのようです。カラドジョウとドジョウは、日本淡水魚類愛護会のHP(外部リンク)に見分け方が掲載されておりまして、それを参考にされるのがよいでしょう。雄の胸鰭の骨質板で見分けるのが確実でしょうが雌では使えません。

尾柄の膜鰭部がよく発達しています。これがカラドジョウではないかとおもった根拠の一つです。今は「ドジョウとカラドジョウの交雑個体」なんていうのもいるようですが…。

ドジョウは童謡にもその名前が登場し、各地で愛されてきた魚です。しかし近年はドジョウの生息地が埋め立てや開発などで消失、食用とする文化は外国産ドジョウの輸入で生きながらえました。現在はそれらの放流によりさらに大きな危機が到来しているといえます。放流は絶対に慎まなければなりません。

こちらは7年ほど前に岐阜県で採集したドジョウ。明らかに上のドジョウよりも口髭が短い感じがします。今年岐阜県でもドジョウを採集しましたが、その時は写真も撮影せずにリリースしてしまいました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます