シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

この間の採集では前回ご紹介したように、採集出来た魚は少なかったのですが、これは前回も、そして今回も網に入ってくれました。スズキ目・ハゼ科・ゴビオネルス亜科・ヨシノボリ属のシマヨシノボリです。

シマヨシノボリは短い河川の下流に多い感じです。福岡、愛媛、静岡、どこにでも生息しているという感じが強いです。平野部の大きめの河川には少ないということですが、他の種との競合もあるのでしょうか。確かに愛知県では採集したことがありません。奄美大島などでは南方の個体群を採集できますが、頬の色など明らかに別のグループと思わせます。

日本産のヨシノボリ属の他の種類とは、頬にミミズ状の斑紋が出ているので見分けは簡単ですが小さい個体はそれが出ていないこともあり、なかなか悩まされます。

シマヨシノボリの産卵期は6月前後のようで、雌の腹部はこのように青くなります。アオバラとも呼ばれる綺麗な種ですが、沖縄本島には「アオバラヨシノボリ」というまた別の種類も生息しています。本種は学名がついているヨシノボリの仲間としては広い範囲に生息し、本種と遊ぶことが出来る河川も多いです。

●ハゼ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます