キタノホッケ

キタノホッケ

日曜日、我が家に2か所から、2種類の魚が届きました。いずれも初めて見る魚です。

今回ご紹介するのはスズキ目・アイナメ科・ホッケ属のキタノホッケです。

キタノホッケとは

キタノホッケとはあまり聞きなれない名前です。別名の「しまほっけ」の方がよく通じるかもしれません。

こんな感じのものを見ることが多いでしょう。冷凍乾物、あるいは開いて切って加工用。それらの商品には主にロシアやアメリカのものが使用されます。しかし今回は北海道・厚岸産。私はこのキタノホッケは日本では珍しい物かと思いきや、Facebookのフォロワーさんによると、北海道では普通種らしいです。魚類検索図鑑第三版によれば、分布域は北海道全沿岸、東北地方太平洋岸となっている。「東北フィールド魚類図鑑」にも東北地方で採集された個体(たぶん)が掲載されています。

ホッケ属 キタノホッケの尾鰭

アイナメ属 ウサギアイナメの尾鰭

ホッケとの大きな違いは体に太い横帯があり、これが腹側まで太いこと。ホッケでは横帯は不明瞭か、あるいはない。ある場合でも腹側では太くないことにより区別できます。日本には7種のアイナメ科魚類がいますが、属はホッケ属、アイナメ属の2属だけです(Shinohara and Amaoka (1994)によれば北海道室蘭から知られていたヤセアイナメはホッケのシノニムであり、ヤセアイナメ属もホッケ属のシノニム)。アイナメ属の尾鰭は丸みを帯びているか、すこし湾入するだけですが、ホッケ属の尾鰭は強く2叉するところが異なります。なおホッケ属は世界でこのキタノホッケとホッケの2種のみが知られています。

ホッケはアイナメ科の魚ですから、アイナメと同様に煮つけにしたら美味しいはず。今回は子持ちの個体でしたので、卵も煮つけに。

煮つけ最高でした!癖もなくて美味でした。ただ煮つけだと無難なものになってしまいます。個性があまり生きてこないかもしれません。でも美味しかった。なお最初に紹介したのは塩焼で食べました。

今回の個体は「築地魚河岸 丸集」の出川 公平さんに送っていただきました。ありがとうございました!

文献

Shinohara G. and K. Amaoka. 1994. Stellistius katsukii Jordan et Tanaka, 1927, a junior synonym of Pleurogrammus azonus Jordan et metz, 1913 (Scorpaeniformes: Hexagrammidae). Japanese Journal of Ichthyology. 40(4):487-490.

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます