シモフリハタ

シモフリハタ

先日キタノホッケと同じ日に我が家にやって来た魚。スズキ目・ハタ科・マハタ属のシモフリハタです。

シモフリハタとは

シモフリハタはハタ科・マハタ属の魚です。

胸鰭基部と胸部

特徴は鱗1枚1枚に白い斑点があること、胸鰭基部に赤い斑紋があること、胸部に赤っぽい色の線があること、体側の背部にうすい線があることなどです。これらの特徴により日本産の他のハタの仲間と区別できます(ただし胸部の赤い線はこの個体では不明瞭)赤みを帯びた体からユカタハタの仲間に近いように見えますが背鰭棘数は普通11で、9棘のユカタハタの仲間と容易に見分けられます。

日本では伊豆諸島、静岡県浜名湖以南の太平洋岸、長崎県、琉球列島、小笠原諸島にいます。今回の個体は伊豆諸島産。海外では西太平洋からインド洋に分布し、とくにインド洋では南アフリカの温帯域にまで分布します。ただし、紅海など分布しない場所もあります。

マハタ属の魚は世界中の暖かい海に生息し、90種ほどが知られています。ハタ科魚類最大級ともいえるタマカイや、それに近縁な大西洋産種ゴライアスグルーパーなど2.5mを超える巨大な種もいますが、シモフリハタはその仲間では小型種で全長30cmを超えるくらい。浅いサンゴ礁域にすむのにでかい体は邪魔になるのでしょう。

シモフリハタを食べる

ハタの仲間は何にしても食べられる便利な魚です。刺身、鍋物、焼き物、洋風、和風、中華となんでも来い。しかしもうこの季節に鍋は正直食べたくありません。ということで刺身に。

皮にもうまみがあるとのこと、皮も捨てずに食すことに。皮目をあぶって、急速に冷やして、切り分けます。

皮が硬いですが皮にも肉にも味がありかなり美味しかったです。醤油も不要なくらいですね。

どこで手に入る?

シモフリハタはマハタ属の中でも熱帯・亜熱帯の海域にすみます。沖縄にも勿論生息していますが、南日本の太平洋側にも分布し、高知県や長崎県の市場にも上がりますがあまり多くはあないようです。もともと琉球列島方面なので、沖縄方面の業者の方に問い合わせするのが確実でしょう。

今回の個体はお友達に送っていただいたものです。匿名のSNSサイトということでお名前はのべませんが、感謝です。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます