オグロコンニャクウオ

オグロコンニャクウオ

ひさしぶりに北海道産の魚を。スズキ目・クサウオ科・コンニャクウオ属のオグロコンニャクウオ。

オグロコンニャクウオはその名の通りで、背鰭、尾鰭、そして臀鰭が黒いのが特徴です。体は紫というか、汚い桃色。「汚い」というと、コンニャクウオ属には「ヨゴレコンニャクウオ」というのもおり、混同しないように注意が必要です。ヨゴレコンニャクウオとは吸盤の形状や胸鰭の形が違っています。

分布域は青森県太平洋岸から北海道の太平洋およびオホーツク海。海外ではアリューシャン列島付近にまで生息しています。

今回の個体は神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能 宏博士に同定をお願いしまして、オグロコンニャクウオとのことでした。ただし、今回の個体についてはちょっと疑問のことがありました。

検索図鑑によればオグロコンニャクウオは両顎歯がすべて犬歯状か棒状のクラスタに含まれますが、この個体は歯の先端が3歯に分かれている感じなのです。雌雄差などもあるのかもしれません。もっとも、クサウオの仲間は研究の途上にあり、今後新種なども出てくるものと思われますが。いずれにせよX線でみなければ鰭条数が測れないなど、同定が極めて難しいのも研究が難航している理由でしょう。

上顎の歯はちょっと見にくいのですが3尖頭。

下顎歯は3尖頭のものと、へら状のものがあります。

生息水深は意外と幅広く100~1000mを超える深さに見られるようです。今回のものは恐らくキチジ漁で獲れたものを頂きました。坂口 太一さん、同定していただいた瀬能 宏博士に感謝です。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます