エイみたいなサメ カスザメ

エイみたいなサメ カスザメ

今回は以前入手した魚を。カスザメ目・カスザメ科・カスザメ属のカスザメ。

カスザメは見た目がエイの仲間に似ています。サメとエイはともに軟骨魚類で、「板鰓亜綱」というグループを形成します。現生の軟骨魚綱は2亜綱に分けられ、もうひとつはギンザメ目が含まれる全頭亜綱です。サメとエイは軟骨魚類の同じグループに含まれており、「サメ」と名前のつくエイの仲間もいます。この2つのグループを分ける大きな違いは鰓の位置。サメの仲間は体の側面にあり、エイの仲間は腹面にあります。

カスザメの鰓孔はどこにあるのでしょう。カスザメの仲間をひっくりかえしてみますと…

鰓孔はありません。カスザメもサメの仲間で、体側にあるのです。先ほどの写真からは見えないのですが…。

一方でサメと名がついていても、鰓孔が腹面に開いているものはエイの仲間です。サカタザメ目・サカタザメ科・サカタザメ属のサカタザメは名前に「ザメ」(サメ)とあります。体の後方にある2基の背鰭など、サメのようにも見えますが、腹面に鰓孔があるので、エイの仲間になります。他、「トンガリサカタザメ」や水族館の人気者「シノノメサカタザメ」、あるいは「ウチワザメ」といった魚も「サメ」ではなく「エイ」の仲間です。

カスザメとヒトの関係

英語でカスザメの仲間はAngel shark、天使のサメです。「天使」といえば心清らかなものというイメージが強いですがサメの仲間の天使は大食いです。海底でじっと動かずに獲物の小魚などが来るとひとのみにしてしまいます。このブログの読者の方なら、アメリカ西海岸にすむパシフィックエンゼルシャークがネコザメの仲間のホーンシャークを丸のみにする動画を見たことがあるかもしれません。

意外なことに歯が鋭くヒトが咬まれると怪我をする恐れがありますが、ちょっかいを出したり、あるいは踏むようなことがなければカスザメの方から襲ってくることはありません。

カスザメもほかのサメの仲間と同様食用として利用されます。底曳網や延縄などの漁法により漁獲され、ゆびきなどにします。新鮮なものは刺身でも食べられると思いますが、残念ながらまだ食べたことはありません。このほか他のサメと同様に練製品の原料として重要です。

カスザメの仲間たち

カスザメ目はカスザメ科のみからなり、カスザメ属のみが知られています。日本産のカスザメ科魚類はこのカスザメと、近縁種のコロザメの計2種とされましたが、近年になってタイワンコロザメという種も土佐湾で確認され、合計3種となりました。世界でカスザメの仲間は20種ほどが知られておりいずれも似たような生活をしているようです。繁殖の様式は他の多くのサメの仲間と同様で仔魚を産みます。

カスザメ科魚類の分布域は太平洋・大西洋・インド洋などほとんど世界中の暖かい海域に及びます。カスザメの分布は南は台湾、北はピーター大帝湾にまでおよび、日本では殆どの沿岸~沖合に見られます。写真の個体は愛媛県産。

カスザメには臀鰭がありません。これはツノザメの仲間やノコギリザメの仲間と同様の特徴です。以前はこれらの仲間とカグラザメ類、エイ目の仲間を合わせて「ツノザメ・エイ上目」とされていましたが、今ではこの考え方はあまり指示されていないようです。今では板鰓類をサメ区とエイ区にわけ、前者にはネズミザメ上目(ネコザメ目、テンジクザメ目、ネズミザメ目、メジロザメ目)、およびツノザメ上目(カグラザメ目、ツノザメ目、カスザメ目およびノコギリザメ目)、後者はエイ上目のみからなり、その中にはノコギリエイ目と従来のエイ目(サカタザメ目、トンガリサカタザメ目、シビレエイ目、ガンギエイ目、トビエイ目)が含まれます。ただしエイの仲間の分類は流動的なようで、トンガリサカタザメ目を認めなかったり、サカタザメ目をガンギエイ目の中に入れたりするなどしています。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます