ドジョウ放流

ドジョウ放流

本日2度目の更新。

ドジョウ大量死と思いきや、実はスーパーの売れ残り(読売オンライン)

どこが問題なのかはもうこのブログを見ている方には説明する必要もないでしょう。

「かわいそう→放流」というパターンは放生会やなんとかポストとか未来の荒川などと違い大規模な集団が行うものでは無く殆どが個人でやるパターンですがこれの危険も大きいものです。特に今回は明らかに外来生物であると分かるキンギョやニシキゴイではなく、日本在来のものと思われがちなドジョウが放流されたことにより美談として受け取られかねないのでさらに危険度が増しているといえます。

「生きているのなら人として正解だと思います」

売れ残りを放すということだが基本的に食用としてスーパーで販売されているドジョウは中国や台湾のドジョウが多いと聞いており、実際にスーパーで売っているもののほとんどが中国産または台湾産でした。

前にこのブログでもご紹介した書籍「日本のドジョウ・形態・生態・文化と図鑑」のなかでは中国大陸のドジョウが紹介されており、「在来のドジョウとは交雑する可能性もあり、販売されているドジョウを野外に放流することは決してしてはならない」とあります。このような、一見「善意」と見られがちな行為により中国産のドジョウは勢力を強め、その一方で日本在来のドジョウは追い詰められていくのかもしれません。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます