クロエソ

クロエソ

前回は深海性のエソ科魚類「ハナトゴエソ」をこのブログでご紹介したところ、反響がものすごかったので(え~?そう??、なんて発言は禁止 笑)、今回も深海性のエソをご紹介したいと思います。

今回の深海性のエソは、クロエソという種類です。

クロエソは、ヒメ目・エソ科に含まれる魚類であることは前回のハナトゴエソ同様なのですが、前回のハナトゴエソはアカエソ属なのに対し、今回のクロエソはマエソ属の魚です。日本のエソ科魚類は4属からなり、他にミズテング属とオキエソ属がいます。前者はマエソ属に似た雰囲気のものですが深海性のまれな種と東シナ海の中国よりの地域にすむもので、日本で見る機会は多くありません。後者は投げ釣りでよくかかってくる種で、アカエソに近い仲間とされています。

クロエソの特徴

クロエソの特徴は「東シナ海・黄海の魚類誌」(山田梅芳・時村宗春・堀川博史・中坊徹次 著. 東海大学出版会) という本の中で以下のものがあげられています。この写真からだけで読み取れそうなものを簡単にまとめてご紹介します。

  1. 胸鰭後端が腹鰭基部に達する
  2. 体の背部は暗褐色で、側線部に暗色斑が並ぶ
  3. 尾鰭背縁には4~7個の黒色点列がある
  4. 背鰭前縁にも黒色点列が見られる
  5. 腹部が黒い

さて、クロエソの最大の特徴は尾鰭に明瞭な黒色斑が並んでいること。この黒色斑は本種に非常によく似ている種であるマエソにもあることが多いのですが(成魚ではないことも多い)、明らかにマエソのものと違って大きくはっきりとしている感じです。もちろんクロエソもエソ科の魚ですから脂鰭があるわけですが、この写真の個体は脂鰭が折れまがっている状態です。本当は脂鰭を立てた状態で撮影するべきだったのですが…残念です。

背鰭前縁にも黒い点が並んでいます。これもクロエソの特徴とされています。

腹部が黒っぽいことも特徴に当てはまります。写真は「東シナ海・黄海の魚類誌」に掲載されているのですが、確かに腹部が黒いです。ただしもう一つの特徴である、「側線の下方に暗色斑がある」というのは確認できませんでした。これはこの個体の鮮度がやや落ちている(いったん冷凍した)ことなども考えられます。よく見たら薄い斑紋があるようにも見えます。

マエソ属の魚は日本には8種が知られています。マダラエソ系統の種はサンゴ礁域の浅瀬に生息するのですが残り6種は内湾ややや深い海底の砂泥底に生息することが多いです。このクロエソはやや深い海から底曳網で漁獲される種類で、利用法はマエソと同様で練製品の原料となります。

この個体は以前のせていただいた沖合底曳網船「海幸丸」で漁獲されたものでした。その時はマエソと同定しましたが、それから8年ほどたって改めて写真の個体をよく見てみると、背鰭の色彩、尾鰭の色彩、腹部の色彩がマエソと明らかに違うぞ、と思い神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能 宏博士にメールでお伺いしました。その結果はクロエソに同定されましたが、腹部が黒いのが博士も疑問視しておられました。

以前は本種とマエソは他種と混同されていましたが、2006年にこの仲間が整理され、クロエソはSaurida Umeyoshiiとして新種記載されました。またマエソの学名についてはS. undsquamisではなく、S.macrolepis とされました。本種に限らず10年以上昔の本を参照すると、学名が大きく変わっていたりしますので要注意です。

分布域は三重県~九州までの太平洋岸、日本海西部、東シナ海沿岸で、「東シナ海・黄海の魚類誌」によれば台湾にも生息するそうです。また生息水深も水深150m前後とマエソよりもやや深い場所に生息しているようです。エソ類の同定につきましては、ワニエソとマエソのよい個体が入手できたら作りたいと思います。

(有)昭和水産 海幸丸のみなさま、神奈川県立生命の星・地球博物館 瀬能 宏博士にはお世話になりました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます