マツバスズメダイ

マツバスズメダイ

スズメダイの仲間はサンゴ礁でごく普通に見られる小魚ですが、本州~九州にかけての海域に多く生息し、琉球列島ではあまり見ることが出来ない種もいます。このマツバスズメダイもそんな魚のひとつです。基本的に本州~九州の沿岸で、太平洋岸・日本海岸に見られますが、沖縄では決して多くありません。

この仲間は磯や防波堤でごく普通に、さまざまな種類が釣れるもので、私もよくこの魚を釣っていたものですが、マツバスズメダイと初めて出会ったのは2009年の秋の事でした。釣り仲間がマツバスズメダイを釣ったのを頂いたのです。最初は慣れ親しんでいたスズメダイのちょっと色が薄いものかと思いましたが、すぐにマツバスズメダイと同定できました。それほどいつも見ているスズメダイと違うとわかったのでした。

特に尾鰭にある黒い線が、スズメダイのものよりも明らかに強烈でした。しかし、あまり同定にこの特徴は使われていないようです。

▲これがスズメダイです

本や水中写真で見る限り、マツバスズメダイとスズメダイはともによく似ていて間違われやすい魚と言えます。ただ全体的に見れば、マツバスズメダイは体色がスズメダイよりも明るく、尾鰭の黒い線がスズメダイのそれよりもはっきりとしているようにも見えますが、それは同定のポイントにはならないのでしょうか。

マツバスズメダイは水深70m以浅の岩礁域、スズメダイは水深15m以浅に多いようですが、スズメダイもやや深い場所で釣れていてイサキ釣りの時に釣れるなど、生息場所もこの2種は重なっていることがあるようです。

食については何とも言いにくいものです。なぜならマツバスズメダイを食べたことがないから。近縁種であるスズメダイは塩焼などで美味しいもので、九州北部では人気の魚です。もしかしたら気が付かないうちに食べているのかもしれません。漁法としては釣り、定置網のほか、底曳網の漁獲物としても見られます。やっぱり、やや深い場所に生息する魚のようです。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます