新入りのハゼ Amblyeleotris latifasciata

新入りのハゼ Amblyeleotris latifasciata

今日は朝から大忙しでした。巣鴨の海水魚店からある魚が届きました。

袋を水槽にぷかぷか浮かべて水温を合わせます。ただし、しばらくワケありで、オーバーフローのサンプで飼育することになりそうです。

その後バケツに開けて、簡易水合わせをしたあと、写真撮影。

届いた魚は、この子!

上から見ただけでは単なるクビアカハゼのように見えますが、背中や顔に見える美しい斑紋や尾鰭の色彩などはAmblyeleotris latifasciata Polunin and Lubbock, 1979と思われます。お店ではダンダラ(ダテ)ハゼとしていましたが、ダンダラダテハゼとは模様が違う感じです。特に頭部のメタリックな斑紋が違います。メインの90cm水槽にはすでにハチマキダテハゼさんと、水槽の「親分」さんことカクレクマノミさまがおられますので厳しいのです。さらにこのハゼのパートナーであるやや大きめのテッポウエビ(ニシキテッポウエビ、コシジロテッポウエビなど)が、今回の子を購入したお店では販売されていなかったので、しかたなくチャームでポチってしまいました・・・。

今回購入したお店は東京都・巣鴨の「ナチュラル」さん。初めて購入しましたが結構有名店なのだそう。お店の方の対応を考えると、人気なのも理解できます。小さなハゼなのですがデカイ梱包と水が大量に入っていました。重くなってしまいますが、魚の命にはかえられません。魚は大変状態よく到着し、すぐに餌を食べてくれました。

今夜はカクレクマノミさまにお引越ししていただく予定です。

今日で2017年も半分が終わってしまいました。上半期は河川に3回しか行くことが出来ませんでしたが、そのうち1回は6年半ぶりの岐阜方面での採集となり、楽しめました。下半期は四国、九州、沖縄方面に行きたいのですが、お金もないかな。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます