テングハギモドキ

テングハギモドキ

ブログ更新が遅れてしまい申し訳ありません。ログアウト状態になってしまっていました。

最近食した魚をご紹介します。スズキ目・ニザダイ科・テングハギ属のテングハギモドキです。

テングハギモドキは千葉県以南の太平洋岸、琉球列島、インド-中央太平洋の極めて広い範囲に生息するニザダイの仲間です。卵や幼魚のうちに広範囲に散らばることが多いニザダイの仲間ですが、テングハギ属の魚はみなよく泳ぐ魚ですので、相模湾でマサカリテングハギやオニテングハギが見つかるなど、成魚もかなり移動するようです。今回の個体は長崎県産です。テングハギの仲間を食するのは久し振りで、昨年の4月にマサカリテングハギとゴマテングハギモドキを食べて以来となります。

お刺身。肉は薄いピンク色で、透明感があります。ニザダイ科特有のくせは若干あるのですが、美味しいです。

揚げ物(ムニエル)。まったくくせがなく、はじめてニザダイを食べる方にもすすめられそうですが、味は平凡になってしまいます。

カルパッチョ。これもかなり美味しかったです。今回はこの3通りの食べ方で楽しむことができました。長崎県 石田拓治さんからのいただきものでした。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます