アジ科の異端児「クロアジモドキ」を食する

アジ科の異端児「クロアジモドキ」を食する

「アジ」といえば基本的に細い身体つきで稜鱗をもつもの、と思っておられる方も多いでしょう。しかし世の中そうでないアジの仲間もいるものです。このクロアジモドキは、アジの仲間なのですが、体が高く(もっとも一般的なアジの仲間にも体高が高いのもいますが)、稜鱗もないという魚です。この魚を送っていただいたのは以前キタノホッケを送っていただいた「丸集」出川公平さん。ありがとうございました。

クロアジモドキの体

クロアジモドキは南方系のアジの仲間です。これまでに2回出会っているのですが、この個体を含めて2回とも鹿児島県産。Fishbaseによれば南アフリカ~オーストラリアにまで分布しているようです。

幼魚には腹鰭もあるのですが、成魚では消失してしまいます。それだけではありません。臀鰭棘も皮下に埋没してしまっています。大きな背鰭と臀鰭が特徴で、まるでマナガツオの仲間のようです。実際クロアジモドキ属の学名Parastromateusというのは、「側」という意味のParaと、マナガツオの仲間の属の学名Stromateusを合わせた意味になるようです。そしてマナガツオの仲間Stromateusは幼魚のうちはクラゲにつくのですが、このクロアジモドキも幼魚のうちはクラゲにつくのだそうです。Stromateus属は「ゴマシズ」と呼ばれる魚の仲間で、脂がよく乗っていますが食べると下痢をするおそれがあるとのことで当面販売自粛とされてしまっていたりします。

マナガツオの仲間はサバ科やクロタチカマス科、シマガツオ科などと近縁という意見もありますが、アジの仲間との共通点も沢山ありそうです。

尾柄を上から見たところです。尾柄の部分には稜鱗(ぜんご)らしい稜鱗はなく、尾柄が少し膨らんでいるだけです。もっとも、日本人がよく食べるアジの中にも、稜鱗がない種類はいます。ブリやカンパチ、ヒラマサといったブリの仲間や、コバンアジ、イケカツオなどがそれ。そういえば昨日、Facebookの友人にすごいアジの仲間を見せていただきましたが…まさしく衝撃的でした。まさかあの魚が九州北部に。

クロアジモドキの刺身

クロアジモドキは刺身にして食べました。肉には臭みなどはなく、脂がのっており、そのままでも美味しくいただきました。半分はこのまま食べましたが、寒くなったので他一部はしゃぶしゃぶにしましたが、これもまた美味しいものでした。

出川公平さん。今回も面白い魚をありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます