年の瀬採集

年の瀬採集

こんなショーもないブログを見ていただきありがとうございます。お久しぶり更新。

もう12月も終わり(というか一年も終わり)ですが、twitterのフォローワーさんと採集に行くことができた。関東平野の埼玉県のとある河川でボサ蹴り。冬ではありますが比較的暖かい日差しが河川を照らしてくれていた。

なお、魚は色々な種類がとれた。

ムサシノジュズカケハゼ(たぶん)

ムサシノジュズカケハゼと思われる個体。日本産魚類検索第三版で新称がつけられたもの。昔は「日本のハゼ」で「ウキゴリ属の1種」とされていて、魚類学雑誌Vol.57 No.2では「ジュズカケハゼ関東固有種」とされている。

関東地方固有種で動物食性の強いオヤニラミ、ブルーギルやオオクチバスといった種類から食害を受けやすいのでこれらの対策が重要とされている。

カマツカG3

日本に広く分布するとされていたカマツカも、近年では3つの群に分けられることが多い。私が採集したことがあるのは本州中部、四国、九州に広く分布し、俗に「G1」とされるグループのみであったが、はじめてG3に出会うことになった。

G3は東日本に多くする種類。顔つきなども、なんともいえないが、G1とは違うように感じる。やや大きく、関東で採集を楽しんでおられる方によれば弱いのだという。あまり飼育しやすくないようだ。そのためリリース。なお、関東地方にはカマツカG3が分布するとよく言われるが、グループ1が放流されたところもあり雑種化するおそれがある。放流するようなことはあってはならないのだ。

アブラハヤ

意外とアブラハヤはあまり見たことがない。実は茨城県では採集したことがないのだ。最近の河川採集は主に下流で行っているのが理由かもしれない。長らく九州に住んでおり、タカハヤはたくさん見てきたが、アブラハヤは2013年に初めて採集した。

今回採集した場所は流れがややある細めの河川。やや栄養が足りていないのかほっそりスリム。遊泳性が強い魚で今回はリリース。

他にもさまざまな魚が獲れていた。ミナミメダカ、カジカ、クロダハゼ、オイカワ、タモロコ、コイ(移入)などの魚を見ることができた。周辺には田んぼが広がるなど楽園のような楽しい場所であったが近隣では開発の手が迫っているなどというあまりよくない噂も聞く。

今回ご一緒させていただいたねんじんさん、どんこさん、ずーなまさん、父、皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます