ヒガシシマドジョウ

ヒガシシマドジョウ

今年初めての魚の紹介は、昨年の終わりに初めて採集することができたドジョウ科・シマドジョウ属のヒガシシマドジョウ。

ヒガシシマドジョウは山梨や新潟県以東の本州や佐渡に生息する種。これもいくつかのグループに分けられている。写真の個体はは関東地方で採集された幼魚であるが、関東地方のものは東北などのものに比べて成熟サイズが明らかに小さいのが特徴。尾鰭の斑紋は他の地域のものに比べて細かく数が多いように見えるが、3列ほどのものもいるようだ。

丈夫で飼いやすいが、痩せやすい種類とされており、とくに幼魚にはこまめな給餌が望ましいと思われる。これだけ小さいと他種に捕食される可能性もあり、口に入れてしまうようなナマズの仲間やドンコはもちろんコイの仲間も避けるべきかもしれない。水槽で大きく育てたいと思う。強いエアレーションをすると外に飛び出て死んでしまうおそれがあるのでフタも確実にしめなければならない。小型のドジョウの仲間は意外と飼育には気を使う種類なのである。このくらいのドジョウを飼うのは久し振りなのでまずは痩せてしまわないように注意しながら飼育してみようと思う。

この記事で通算1500記事になりました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます