クサウオ

クサウオ

今日は昔好きだったミハエル・シューマッハさんの49回目の誕生日です。生存報告すらなく厳しい状況なのは間違いないですが、がんばってほしいところです。ティフォージも祈るような気持ちで待っているでしょう。

年末に頂いた魚をご紹介。クサウオ科・クサウオ属のクサウオ。

クサウオを手に取るのは今回が初めてではなく実はこれが二回目であったが、この個体は全長50cm近くの大型個体。これほど大きい個体は初めて見た。クサウオ属の魚は疑問種のオーストンクサウオを除き10種が日本近海に分布している。スナビクニンなど分布域が広い魚が多いが、基本的には冷水性の魚の仲間である。クサウオの分布域は北海道から鹿児島県までであり、この科の魚としてはかなり広い範囲に分布する魚といえそうである。また東シナ海や台湾にも分布するなど、高水温に対する耐性もあるらしい。

クサウオによく似たものに「エゾクサウオ」という種類がいる。エゾクサウオはクサウオに極めてよく似た姿をしているのだが、クサウオは尾鰭の基底付近に白色斑があるので、エゾクサウオと区別することができる。エゾクサウオについては、昨年の春の記事を見ていただければと思う。

今日は魚のお話の前に。 今日19日はこじはること小嶋陽菜さんのお誕生日ですが、彼女は今日で10年以上在籍していたAKB48を卒業してし...

ダンゴウオなどと同様にクサウオにも吸盤がついている。吸盤の使い道はダンゴウオや小型種のスナビクニンなどとほとんど同様で、岩などにはりつくのである。

クサウオは水族館でお馴染みの魚である。対して食についてはあまり芳しい評価を効かない。しかしこれほど大きい個体であれば骨はあまり気になることもなく、離れもよい。味はほとんどないが臭みもない。

今回の個体はTwitterのフォロワーさんに送っていただいたもの。ありがとうございました。

●クサウオ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます