久々にマコガレイを食す

久々にマコガレイを食す

今年はじめてスーパーで購入した魚はこのマコガレイであった。全長40cm近くの大型個体。マコガレイという名前ではあるが「マコ」はなかった。宮城県産。北海道~九州西岸。九州東岸のうち大分県日出で獲れるものは「城下カレイ」として有名であるが、それより南、宮崎県までいくと出会えなくなる。

マコガレイは2013年以来、4年半ぶりくらいに食べる。近縁種のクロガシラガレイは2015年にも食べた。思えば昨年はカレイ科の魚を1回しか食べなかった。しかも年初のツノガレイである。

カレイの仲間の調理方法はワンパターンになりがち。唐揚げにして食べたがえらい肉厚の個体。刺身にして食べてもよかったかもしれない。小ぶりの個体は大体唐揚げで食べる。2年まえのウロコメガレイ、コガネガレイ、スナガレイなどは美味しかった。大きめのものは煮つけも美味しい。イシガレイやメイタガレイ、そしてヌマガレイは煮つけが一番うまい。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます