チカメエチオピアふたたび

チカメエチオピアふたたび

昨年の今頃にシマガツオ科のチカメエチオピアという魚に初めて出会うことができたが、この間再び出会うことができた。前回も述べたようにチカメエチオピアは南方系の魚であるがこの時期には日本海でも見ることができるようだ。この時期の日本海には本種の他にもシマガツオやらツルギエチオピアなどもよく漁獲され、リュウグウノヒメなども獲れたりする。10年近く見ていない幻の魚。

前回は京都府で獲れたものだったが、今回はお隣の福井県産。福井県では以前オニテングハギも獲れたりするなど、意外と熱帯性の大型魚があがる穴場といえそうだ。

何にして食べても美味しいが、刺身は程よく脂がのっておりかなり美味なもの。

煮つけ。これもかなり美味しい。

煮つけにする時に採集した「鯛の鯛」ならぬ「近目哀提伯の近目哀提伯」。肩胛骨と烏口骨。今回のチカメエチオピアもツイッターのフォロワーさんからの頂もの。ありがとうございました。最近はFacebook絡みの人から魚を頂いたり購入したりするよりもTwitterのフォロワーさんから魚を頂いたり買ったりすることが多いように思える。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます