アマシイラ

アマシイラ

この間塩竈に行った目的は、これ!

漁を行い入港した船から、こんな魚を頂きました。アマシイラという魚です。

アマシイラとはどんな魚か

トップの写真を見ただけでは魚とは思えないかもしれないが、アマシイラはスズキ目・ニザダイ亜目・アマシイラ科の魚だ。吻が短い、腹鰭は非常に小さく左右の棘が合わさり一本の棘になる、尾柄部に大きな隆起線があるなどの特徴がある。鰭は鮮やかな赤色で綺麗。

体表には鱗があるが極めて小さい。また釣り上げたときは銀ピカであるのだが、冷凍するとこれらははがれてしまうようだ。アカマンボウやタチウオ系と似ているかもしれない。なお、アマシイラ科には本種のみが含まれる。

アマシイラは何の仲間か

アマシイラは「日本産魚類検索」第三版ではニザダイ亜目の中に含まれているが、その仲間としては特異な生態をしている。

本種はニザダイ亜目の仲間の魚としては唯一の外洋性魚類で、小魚やクラゲなどを捕食していると考えられており、藻類や付着生物を食うものが多いニザダイの仲間などとはずいぶんと違う食性の魚だ。本種は最大で2mに達し、これはニザダイ亜目の魚では最大である。

古い図鑑ではサバやシイラ、カジキ類などと同じ分類群に置かれていることがあった。しかし近年、カジキの仲間はカジキ亜目としてサバの仲間から分けたり、サバの仲間はオキスズキ、シマガツオ科、ヤエギス科、マルスズキ科、あるいはイボダイ亜目などの魚とともに「ペラジア」というグループを形成するなど、分類群は大きく変わりそうである。

個人的な意見になるがアマシイラはシイラと近い仲間ではないかと思っている。シイラもニザダイの仲間に近いところがあるように見えるのだ。背鰭や臀鰭の基底が長いことや腹鰭の形など、ニザダイ亜目のメンバーに微妙に似たところがある。また肉を切った時の色彩などはカジキの仲間、それもメカジキあたりに似ている。故・阿部宗明博士の監修した「原色魚類大圖鑑」(北隆館)の中でもメカジキ科とマカジキ科の間に置かれているのは、そのためだろうか。

解体

写真を見るとどうしても怪しいものを包んでいるようにしか見えない。ちなみにこのアマシイラは重さ97㎏もあった。車から降ろすのも、撮影のために上げたり下したりするのも3人がかり。全長も1.6mを超えていた。

解体も普通の包丁ではなく、ノコギリで…。なんとか4時間かかって解体しました。次はこのアマシイラの食べ方についてご紹介します。

●アマシイラ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます