ノトイスズミ

ノトイスズミ

最近理由があってイスズミ科の勉強をしています。その理由は残念ながらお話することはできないのだが、とにかくイスズミの仲間を色々見比べているのだ。

しかしなぜかイスズミ科の魚は画像を殆ど持っていない。フォルダにあったイスズミ科の魚はほとんどすべてがテンジクイサキだった。なぜかは分からないがテンジクイサキばかりであった。

その中で唯一テンジクイサキ以外に画像があったのがこのノトイスズミである。これは宇和海・西海の定置網漁師さんからいただいた魚である。

ノトイスズミの「ノト」というのは「能登」のことだという。これはこの仲間を研究していた酒井恵一氏により1991年に新称がつけられた。このときは学名はつけられていなかったがのちにKyphosus bigibbusとされ、従来K. bigibbusとされていたミナミイスズミは2004年に新種記載された。

ノトイスズミとミナミイスズミはそっくりだが、胸鰭の形が若干異なっているようだ。たしかに、写真などで見るミナミイスズミは胸鰭がやや長めで先端が少し伸びているのに対し、ノトイスズミの胸鰭はやや短く丸みをおびている感じだ。ただもっとも見分けやすい形質は計数形質、つまり数値であらわせるもので、ノトイスズミは鰓耙数が21~24なのに対し、ミナミイスズミでは26~29とやや多めである。

背鰭軟条数は12。同じく背鰭軟条数が12であるミナミイスズミとはこの形質では区別できないのだが、背鰭軟条数が14あるイスズミとはこの形質で区別できる。ただし個体が残っている、または背鰭の軟条数を数えられるような写真を残しておくことが条件である。

また生時の色彩はイスズミが銀色で頭部の線が黄色っぽく鮮やかなのに対し、本種の体は大変失礼ながら汚い茶褐色で、真っ黒になっていたりすることもある。頭部の線もかわいそうではあるがイスズミほどキレイな色ではない。ただしこの写真の個体は死後一度冷凍したもので、本来の色彩ではない。

また、ミナミイスズミの色は青みをおびた灰色の色彩で、頭部の線は灰色っぽいことが多いのだが、この種の中には全身が黄色く、おなかが白っぽいものや、体全体が白っぽい個体が出現することが知られている。この変異の理由は不明であるが、黄色い個体を1か月ほど飼育していたら元の色彩にもどってしまったとのことで、別種などではなく単なる色彩変異のようだ。

ノトイスズミは本州~九州にも多く分布する種で、東北地方太平洋岸や日本海にも出現するお馴染みの魚だ。イスズミ科の魚は内臓は臭い、釣り上げてすぐに糞をするのであまり食用としては人気がないのだが、このノトイスズミは美味しいらしい。ただし、まだ食べたことはない。今後の課題だ。

文献

酒井恵一. 1991. 日本のイスズミ属魚類は4種. I.O.P. DIVING NEWS. 2(8):2-5.

●イスズミ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます