ミナミイケカツオ

ミナミイケカツオ

前回ノトイスズミについての記事を書いた。ノトイスズミの写真が入っている、定置網の魚のフォルダには定置網で漁獲された懐かしい魚が色々と出てきたのであった。残念ながらこの定置網は廃業されたらしく、もう魚は手に入らない。これまでのご支援に感謝したい。このミナミイケカツオもその定置網で獲れたもの。

名前に「カツオ」とあるが、アジの仲間だ。アジ科イケカツオ属。確かに他のアジと違って稜鱗はなく、口は大きいのでサバ科のようにも見える。南方系の魚で分布域は南東アフリカ~ハワイ諸島にかけてのインド-太平洋域。日本においては佐渡島以南の日本海岸と関東地方以南の太平洋岸。もちろん琉球列島にも分布。本州沿岸では幼魚が多いが、愛媛ではたまに大きめの若魚サイズもでるようだ。成魚は全長50cmに達する。

イケカツオ属の魚の特徴は背鰭にある。背鰭の棘には鰭膜がなく、ひとつひとつが独立している。ちなみにこの背鰭と臀鰭の棘に毒がある可能性もあるという。そのためなるべく触らないように注意したい。

なお先ほども述べたように、アジの仲間であるが稜鱗はない。本種は口がやや小さく、体側の斑紋は一列に並ぶことにより、他のイケカツオ属魚類と見分けられる。

ミナミイケカツオの口は瞳孔の後縁直下にまでしか達しないこと、体側の斑紋が一列しかないことにより口が眼の後縁下に達し、体側の斑紋が2列のイケカツオと区別できるとされている。しかし稚魚はどうだろう。この口の特徴は体長20cmを超えるサイズの個体でなければ同定形質としては使うことができないようだ。

イケカツオ属の魚は世界で4種が分布し、我が国にはそのうち3種が知られている。近縁の属には南西大西洋に固有で1属1種のスジイケガツオや、北米~南米の両海岸に生息するオオクチアジ属が知られている。これらは新大陸産であり、インド-中央太平洋ではイケカツオ属のみが見られる。この3属でScomberoidinaeというひとつの亜科(およそ10種ほど)を形成するが、同じく稜鱗と第1背鰭棘の鰭膜がないコバンアジ類と近縁かもしれない。

イケカツオの仲間はゲームフィッシュとしてよく知られている。とくにクイーンフィッシュという英名のオオクチイケカツオは全長1m近くになり、ルアーの対象魚として有名だ。味も良いらしいので食べてみたい魚たちである。

●アジ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます