珍しいトウザヨリ

珍しいトウザヨリ

最近はブログを更新する頻度があがってきている。ながい冬も終わって春が近いからだろうか。昨日はテッポウウオ水槽のろ材を交換した。1年もろ材を交換していなかったのでヘドロがたまっていた。

今回も定置網で漁獲された魚のご紹介。サヨリ科・トウザヨリ属のトウザヨリ。紅海・東アフリカからハワイ諸島を経て北米西海岸や南米エクアドルまで極めて広い分布域をもっているらしい。

トウザヨリはほかの「サヨリ」とは異なった特徴を持っている。胸鰭が長いのだ。この長い胸鰭でトビウオの仲間のように「滑空」をするらしい。実はこのトウザヨリは、分子系統樹によればホシザヨリ属やサヨリトビウオ属などとともにトビウオ科に含められるべき種だという。なおトウザヨリの含まれるトウザヨリ属は2種類が知られており、もう1種のEuleptorhamphus veloxは大西洋の熱帯域に分布。この種の英語名はフライングハーフビーク、すなわち「空飛ぶサヨリ」である。なお、トウザヨリの英語名はリボンハーフビークという。体、あるいは胸鰭が長いのをリボンに見立てたのだろうか。

サヨリと同様食用にできるようだが、あまり漁獲されることがないため、市場に出回ることはほとんどないようだ。もちろんスーパーの鮮魚売り場で出会える可能性は皆無。こういう魚に出会うことができるのも、定置網の漁師の方々とお付き合いできたからだ。ここで感謝申し上げたい。

●サヨリ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます