オニハゲブダイ | 魚のブログ

オニハゲブダイ

今年の5月はコクチバスだけでなく、もう1種新しい魚との出会いがあった。スズキ目ブダイ科のオニハゲブダイである。

オニハゲブダイはハゲブダイ属の種類である。ナンヨウブダイのようにも見えるが、こぶのようなものは発達せず、尾も伸びていない。また眼の間にわっか状の斑紋があるのも特徴である。紅海のChlorurus gibbusはナンヨウブダイの紅海バージョンという雰囲気だが頭部の形などはオニハゲブダイの紅海バージョンにもみえる。ちなみにオニハゲブダイは琉球列島からピトケアン諸島にすみ、インド洋や紅海にはみられない。スティープヘッドパロットフィッシュというのに置き換わるのだ。

頭部はブダイの中でも独特の輪郭をしていて見分けやすいといえるかもしれない。なお、刺身で食べたがかなりおいしいものであった。

なお今回オニハゲブダイを食したことにより我が家で食べたのはナンヨウブダイ・オオモンハゲブダイ・シジュウカラ・ハゲブダイについで5種目になった。日本産は7種いて、あとはオカメブダイ、コブブダイなのだがこれらの種類は残念ながら食べれていない。

加藤昌一氏のベラ・ブダイ図鑑(ブダイもですよ、ブダイも!)によれば日本では稀種とある。次はいつ出会えるのかわからないような魚なのだ。せっかくなので今回の個体は耳石だけでなく、顎骨標本も作製したいところである。もうすでにクリーニングは終わって後は組み立てるだけである。それにしても全長530mm、標準体長も420mmある大型個体だが、それだけに骨もでかい。

なおブダイ科Scaridaeというのは最近の文献では認めていないことも多い。その場合はベラ科のブダイ亜科という扱いになる。ScaridaeでなくScarinaeで検索しなければならず面倒くさい。最後になったがこの魚を突いてきてくれた漁師、櫻井かんたさんには感謝したい。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. とおりすがりの海人 より:

    メスだから頭部のでっぱりが無いと思うよ。ナンヨウブダイのオスメスでも一緒。
    オスは出てます。シルエットはナンヨウそっくり。

  2. 椎名(msfishlover) より:

    こんにちは。ただいろいろ見ましたがあまりシルエットはナンヨウブダイに似ていないかもしれません。やはりC.gibbsが似ていると思いますが、どうでしょう。