アマクチビ | 魚のブログ

アマクチビ

今年の3月に石垣島を訪問したがその時にはいろいろな魚と出会うことができた。現地でお世話になった方の知り合いの店を訪問したのだが、赤さび色の変わった魚を売っていた。アマクチビという魚である。

アマクチビはフエフキダイの一種なのだが、イソフエフキみたいな普通の顔、キツネフエフキみたいな吻が長くスマートな顔ではなく、アマクチビには申し訳ないのだが「醜い」。しかしそれだけにどこか犬のような魅力さえも感じてしまう魚である。

アマクチビはフエフキダイ科のうちのフエフキダイ亜科に含まれる。もう一つのメイチダイ亜科にはメイチダイ属、コケノコギリ属、ノコギリダイ属、ヨコシマクロダイ属が含まれているのに、フエフキダイ亜科はフエフキダイ属だけである。そのかわりこの属はフエフキダイ科の最大勢力なのだ。そのフエフキダイ属も二つに分けられ、片方は胸鰭の腋部に鱗があるもので、ハマフエフキ、アマミフエフキ、イトフエフキ、そしてイソフエフキなどが含まれる。もう片方はフエフキダイ、シモフリフエフキ、アミフエフキ、キツネフエフキなどが含まれるもので、こちらは胸鰭腋部に鱗はない。アマクチビはどちらだろうか。

アマクチビは腋部に鱗がある。つまり、ハマフエフキなどのほうに近いのだ。こちらの属のほうが、がっしりした体系のものが多いように思う。キツネフエフキやアミフエフキなどは細長い体系をしている。

今回のアマクチビは市場で見つけて一目ぼれだった。きれいな白身で脂がよく乗っていておいしい。沖縄本島よりも魚の価格がずーっと安いのもうれしいところだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます