ハナフエダイとウスハナフエダイ | 魚のブログ

ハナフエダイとウスハナフエダイ

しばらく「バタバタ」していたのが落ち着いたので、魚の写真でも。石垣島で撮影した魚でもうpしてみましょう。

石垣島の魚市場で見た面白い魚。下はハナフエダイなのだが、上の2匹はつい最近有効種として復活し、標準和名のついたウスハナフエダイである。2012年に魚類学会が山口であったときに講演を聞いたことがあった。懐かしいものである。

ハナフエダイとウスハナフエダイの見分け方は尾を見たらわかる。ウスハナフエダイは尾鰭の下方が少し縁どられているだけ。

一方ハナフエダイは尾鰭の上葉まで白く縁どられている。石垣島では本種がよく水揚げされていたが、残念ながらサンプルを入手することはできなかった。基本的にどちらの種も深海性のようであるが、ウスハナフエダイのほうが深い場所を好むらしい。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます