高知の海のオニカサゴたち | 魚のブログ

高知の海のオニカサゴたち

わたしはほぼ毎年、高知方面に遠征に出かける。きれいな熱帯性の魚が多いが、その熱帯性の魚を捕食するタイプの魚もいる。オニカサゴなどはその代表的なものといえるだろう。今回はTwitterでフォローしてもらっている「バナンさん」さんからのリクエストもあり、高知県の海で採集したり、触れたりした経験があるオニカサゴ類をご紹介したいと思う。

オニカサゴ

▲オニカサゴ

▲オニカサゴ。涙骨先端が皮下に埋没している

この個体は宿毛市の魚市場で競り落とされたものをいただいた。オニカサゴの仲間では最も普通種で、わが国では外房から九州南岸にまで広く分布し、たまに日本海岸にも姿をあらわす。水深171mからも採集されているようだが、基本的には浅場に生息するものである。よく深場釣りで「オニカサゴ」と称されているのはフサカサゴ属のイズカサゴであることが多い。

涙骨隆起の先端は皮下に埋没するが、これはほかの多くのオニカサゴ属に共通した特徴といえそうだ。

ヒュウガカサゴ

▲ヒュウガカサゴの幼魚

▲ヒュウガカサゴの成魚

▲眼後方のくぼみが特徴

写真のうち成魚は「魚類写真資料データベース」のKPM-NR 108536と同一個体である。体側に黒い点があるようにも見えるが、オニカサゴほど明瞭ではない。本種は眼後方に大きなくぼみがあり、オニカサゴと見分けられる。高知県では何度か浅瀬で確認しているが、色のバリエーションが多く同定には難儀させられる。幼魚は大月で採集、成魚は宿毛の漁港で競り落とされたものをいただいた。ウルマカサゴに似ているが胸鰭軟条数は少ない。

イヌカサゴ

▲イヌカサゴ小型個体

▲イヌカサゴ成魚

▲イヌカサゴの頭部

イヌカサゴは内湾から沖に面した岩礁域まで広く生息し、河川の汽水域にも入る。幅広い環境に適応しているといえるのかもしれない。動物食性がつよく、キビナゴを丸のみにしたりする。私は2個体見ているが、いずれも大月の内湾である。この地域では普通種かもしれない。ほか友人が宮崎で釣っている。

色は褐色がつよく、決め手にはならないとも思うが臀鰭棘の縞模様が目立つ。オニカサゴやヒュウガカサゴとは涙骨隆起の先端が皮下に埋没しないことで見分けられる。写真中矢印で示したのがそれだ。オニカサゴなどは涙骨隆起の先端は皮下に埋没している。

サツマカサゴ

▲サツマカサゴ

▲サツマカサゴ

▲サツマカサゴの胸鰭

サツマカサゴは伊豆以南の太平洋岸ではよく見られる魚である。高知県でも浅いところではごく普通にみられる種だ。生きているときは写真のような灰色っぽい色が特徴なのだが、死ぬと写真のように黒っぽくなってしまう。オニカサゴに似ているが、背中が大きく盛り上がり区別しやすい。

胸鰭の部分は鮮やかである。ニライカサゴに似ているが、胸鰭の内側の模様により見分けることができる。宿毛でも大月でも普通。

▲土佐湾の深場で採集されたサツマカサゴ

基本的には浅いところに生息しているが、土佐湾では水深150mほどの場所から採集されたこともある。写真がその個体で、沖合底曳網漁業で漁獲された。

このほか、ニライカサゴという種類も確認している。ニライカサゴは従来セムシカサゴと呼ばれていたものであったが、差別的として2004年にニライカサゴと改名された。この文献(本村ほか,2004)では今回紹介したイヌカサゴとヒュウガカサゴを含むいくつかの種に標準和名が提唱されたりもした。

文献

本村浩之・吉野哲夫・高村直人. 2004. 日本産フサカサゴ科オニカサゴ属魚類(Scorpaenidae: Scorpaenopsis)の分類学的検討. 魚類学雑誌, 51(2):89‐115.

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます