セグロチョウチョウウオ | 魚のブログ

セグロチョウチョウウオ

この間、お友達の荒武さんに変わった魚をいろいろと送っていただいた。石垣島近海で漁獲されたチョウチョウウオなどだ。今回はこれについて紹介したい。

まずはセグロチョウチョウウオ。「セグロ=背黒」の名の通りで、背中に大きな黒色域がある。体は明るい灰色で、青いラインが入っていたり、顎付近から腹鰭まで伸びる黄色域があるなど、派手ないでたちで熱帯魚らしい。

セグロチョウチョウウオの大きな特徴は背鰭後方が糸状に伸びること。ただしこれはセグロチョウチョウウオだけの特徴、というわけでなく、トゲチョウチョウウオとレモンチョウチョウウオの2種も同様の特徴を有している。ただし、この糸状に伸長するのは成魚のみの特徴で、幼魚の背鰭後方は糸状には伸びない。

分布域は日本では房総以南、成魚は奄美以南に多い。海外ではインドー太平洋域に分布しているが、インド洋においては東部インド洋からスリランカまでのみのようだ。東へはハワイ諸島や仏領ポリネシアにまで分布している。インド洋においては似た種のイエローヘッドバタフライフィッシュ、通称サントスというのがいるが、体側の模様が異なっているうえ、背鰭の鰭条はのびない。ただ幼魚はセグロチョウチョウウオに酷似している。

今回は塩焼きにして食べた。チョウチョウウオの仲間はこれまでも何種か食べてきたが、個人的には塩焼きが最もおいしいように思う。フィリピンなどでもこうやって食べるらしい。そしてやはり味はおいしい。脂もよく乗り、箸も進む。右上の魚については、また別に詳しく書きたいと思っている。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます