シンジュタマガシラ | 魚のブログ

シンジュタマガシラ

最近我が家にシンジュタマガシラがやってきた。標本に基く日本からの初記録から30年弱しかたっていない魚で、沖縄の海に生息する。さらに沖縄でも個体数はあまり多くはないようで、沖縄知念と八重山諸島から記録されているようだ。ただし水中写真ではそれ以前から知られており、あの益田 一・G.R.アレンによる名書「世界の海水魚」でも日本での分布についての記述がみられる。海外ではオーストラリア西岸~バヌアツのサンゴ礁域に生息。フィリピンやインドネシア、南シナ海などにもいるようだ。

一見地味~な魚なのだが、黄色い斑点(写真ではオレンジっぽい)が体側に見られるなど、よく見ると美しい魚である。幼魚は体側に2本の縦線があって腹部が黄色くなっている。これは毒の牙を有するヒゲニジギンポ属の魚に擬態しているのではないかといわれている。写真の個体は突いているのでその部分が大きく開いているが、珍しい魚で多少の傷は仕方がないだろう。

シンジュタマガシラは、科としてはイトヨリダイ属なので、美味しいだろう。ヨコシマタマガシラ属というのに含まれているのだが、ヨコシマタマガシラ属は以前高知県宿毛で漁獲されたヒトスジタマガシラというのを食べたことがある。あれは刺身でうまかったが、今回は刺身ではなく焼き物でいただいた。

この写真は以前もアップしたので見覚えある方も多いかもしれない。上がヨコシマタマガシラ、下がセグロチョウチョウウオだ。身は白身で皮もうまかった。荒武寿久さんからのいただきもの、ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます