ミナミギンガメアジ | 魚のブログ

ミナミギンガメアジ

つい最近、変わったアジをいろいろ食する機会があった。その中でも衝撃的だったのが、ギンガメアジ属のミナミギンガメアジである。

ギンガメアジ属もいろいろいるのだが、このミナミギンガメアジが一番すごかった。なんといっても、頭部の形が変わっている。この頭部の形状、鰓蓋上方の黒い点、黒くない稜鱗…。これらの特徴によりほかのギンガメアジ属との見分けは難しくないだろう。私はいつもこの属を同定するときに悩むのであるが、この種については悩まない。ちなみにこの個体は全長380mmに達する個体であった。海外では60cmくらいになるのだろう。

日本では少ないと思うが、鹿児島県近海ではたまに水揚げされる。今回もそのような個体である。私は今回送っていただいたもののほかに1回見たことがあるのだが、それも笠沙の定置網にて漁獲されたものを伊東正英さんに送っていただいたのである。

今回のミナミギンガメアジはお刺身にした。アジという名は味がよいかららしいが、実際においしかった。脂の乗りとねっとり感が大きめのムロアジの刺身ににる。鹿児島 田中水産さんありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます