カゴシマニギス | 魚のブログ

カゴシマニギス

もうすぐ年末。久しぶりのぶろぐ更新。職を失いいろいろ忙しいのだ。ニギスの仲間は日本には5種がいるが、一般に食用とされるニギス科の魚は2種である。この2種のうち、ニギスは以前ご紹介したことがある。過去記事を検索したら2010年ごろの記事にたどりつけるはずだ。

今回紹介するのは日本に生息し食用となるもう一種のニギス、カゴシマニギスである。

カゴシマニギスという標準和名の通り、鹿児島に多いが、九州のほかの地域でも底曳網で漁獲されている。ニギス属ではなく、カゴシマニギス属の魚である。

普通のニギスとは体の様子が違う。体が寸詰まりのように見えるのだ。眼はニギスよりも非常に大きく見えるので、そう見えるのかもしれない。鰓耙(さいは)の数もニギスよりはかなり少ない。今回はタタキ、天ぷらなどにして食べたが、いずれも美味しい。

今回のカゴシマニギスはやはり鹿児島の田中水産さんより。ありがとうございました。なお、鹿児島ではこのカゴシマニギスのほか、深海魚を食用にするキャンペーンが盛んである。本種はその中心的な役割を担うに違いないだろう。

これは2019年の個体。卵を持っているため、余計寸つまりにみえる。

こちらはニギス。日本海にもいてよく食べられる。高知県や宮崎県で漁獲されるが、少なくとも足摺沖ではこちらが多かった。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます