コパディクロミス属 | 魚のブログ

コパディクロミス属

今回ご紹介するのは、沖縄県で採集されたカワスズメ科の一種である。おそらくコパディクロミス属と思われる種である。

コパディクロミス属はアフリカのマラウィ湖に生息するカワスズメの属である。もちろん沖縄には生息していないはずの属である、というかそもそもカワスズメ科自体が日本には生息せず、南米、中米、アフリカ、中東に多く、アジアには在来のカワスズメ類はインド周辺にすむオレンジクロマイドやパールスポット以外には知られていない。したがって日本には在来のカワスズメ科魚類が皆無なのだ。

しかし、なぜかコパディクロミス属は沖縄県の河川で繁殖している。この個体はある方からいただいたものなのだが、この個体は沖縄本島のダム湖で採集されたものらしい。このダム湖には外国産の魚がほかにも見られるらしく、一大パラダイスと化してしまっているようだ。

カワスズメ科の魚類が日本でみられる理由はいくつかある。まずは食料としてである。カワスズメ科、とくにティラピア類は白身で美味しい(らしい)、また飼育も繁殖も容易であり、いまでも東南アジアでは盛んに養殖される。わが国でも中国人や東南アジア系の人たちの多い地域では売っている。しかし養殖池から逸脱すれば生態系に大きな悪影響を及ぼすことは確実である。さらにカワスズメやナイルティラピアは海域でもその姿を見ることができ、魚類写真資料データベースは浅いサンゴ礁域を泳ぐナイルティラピア(データベースではナイルテラピアとなっている・・・)の写真を見ることができる。つまりあちこちに分布を広げてしまう危険性があるのだ。

もう一つはアクアリウムにおける放流の問題である。これは飼いきれなかったアクアリストが河川や湖沼に魚を放流するというもの。これについてはこのぶろぐでも過去何度も書いてきたものであるので、今回はさっと触れるだけにするが、新しい見方からこの問題について考えたい。

今年は自粛期間ということで家にいても楽しめる趣味、ということでアクアリウムを趣味にする人も多くいたようだが、一時のブームに乗っていくと、最後まで世話をできずに河川や湖に生物を放流してしまうことになりかねない。そのようなブームをつくるウェブサイトやニュースサイトなどもこの問題については及び腰なところがある。

最近は在日外国人のアクアリストも増えてきた。しかし永住権を持っていないと、日本からやがて出ていかなければならなくなる。そうなったときに飼育していた魚はどうなるのだろうか、考えると恐ろしい。特に「放生会」の文化のあるアジア地域については注意が必要だろう。店員さんも明らかに日本人ではない人について、「永住権のない限り販売しない」という風にしてもよいのかもしれないが、そうなっては「差別」という人も出てくるし、一方「愛玩動物」として指定しイヌネコみたいに厳しくしようとしても食文化の問題・売り方の問題などで多くの問題が発生しうる。難しくかつ悩ましいものである。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます