ナシフグ | 魚のブログ

ナシフグ

最近久しぶりのフグと出会うことになった。ナシフグである。前回このフグを見たのは2009年のことなので11年ぶりのことになる。

なぜナシフグとはなかなか出会えないのかというと、本種の主な分布域が瀬戸内海や有明海、長崎橘湾だからである。この海域とはなかなか縁がない。四国にいても、瀬戸内海で釣りをすることはほとんどなかったからである。日本海沿岸にもいるが、数は多くないようだ。

ナシフグの特徴は体側にある大きな黒色斑である。この黒色斑の周縁部に独特な白い縁取りがあるのが特徴だ。よく似たショウサイフグではこのような模様はほとんど見られない。また、コモンフグにもよく似ているが、コモンフグは体表に小さな棘が散らばるのに対して、ナシフグには棘がなくてつるつるすべすべしている、いいお肌である。

同じようにつるつる肌のフグで、黒い模様を持つものにマフグがいるが、マフグは臀鰭が黄色いのに対し、ナシフグの臀鰭は白っぽい。またナシフグのような縁取りもほとんど見られない。ちなみにこのぶろぐではマフグはいまだに紹介できていないが、これはマフグのサンプルをまだ入手していないのが理由である。長いこと魚を扱ってきたが、マフグはいまだに見たことがない。ゴマフグも同様だ。

なお、ほかのトラフグ属同様にナシフグにも強い毒がある。鮮度がおちると皮の毒が肉に回りやすいそうだ(どのフグにもいえそうなものだが)。そのため一時は食用が禁止されていたというが、現在は一部の産地のもので専門免許をもつとさばけるらしい。もちろん素人料理は厳禁である。

ショウサイフグとの見分け方も紹介したかったのだが、それはまた今度にしたい。実はショウサイフグも、あまりいい写真がなかったりする。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます