シマイサキ | 魚のブログ

シマイサキ

もう年末である。今年はいろいろな魚を初めて食べた。今回ご紹介するシマイサキもそんな魚の一種である。

シマイサキはスズキ目シマイサキ科の魚である。主に沿岸から内湾、河口域に多く生息する種である。なお、種の標準和名で「シマイサキ」というものの、イサキ科との縁は遠い。しかしイサキ科の中にも、ミゾイサキの大きめのものなどはコトヒキの仲間っぽく見えるから不思議である。英語ではトランぺッターなどと呼ばれている。

シマイサキ科は日本にも7種ほどがいるが、本州沿岸でみられるのはこのシマイサキのほか、コトヒキ、ヒメコトヒキが見られるくらいである。その一方、沖縄県ではすべての種がみられるが、シマイサキは極端に少ない。つまり、本種は熱帯域というよりも、温帯域を好む種ということだろう。

このシマイサキは比較的よく釣られ、よく食されている魚であるものの、あまり縁がなかったが今年はじめて田中水産さんより送っていただくことになり、初めて食した。美味しい。南九州ではよく食べられているようだ。水もきれいだから、味も美味しいのだろう。しかし南九州でこれほど多いのに琉球列島では珍しいというのも不思議ではある。

これで今年はおしまい。みなさま、ありがとうございました。よいお年を。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます