スベスベマンジュウガニ | 魚のブログ

スベスベマンジュウガニ

だと思います。(まだ若い個体なので模様が出ていませんが)

前回紹介したケブカガニとは近い仲間で、オウギガニ科に属します。

美味しそうな名前ですが、絶対に食べてはなりません

このカニには極めて強力な毒が含まれています。毒性は主にテトロドトキシン(Tetrodotoxin:フグ毒)、サキシトキシン(Saxitoxin)であるといわれます。ハサミ1本で人をも殺せるほど強い毒だそうです。十分にご注意を。

しかし、ハサミ1本で人を殺すこともある種ですが、はさまれても別になにもありません(大きいとはさむ力が強くなるので痛い)。食べたら危険、ということです。予備知識で事故を未然に防ぎましょう。沖縄にはウモレオウギガニというカニがいて、これは極めて強い毒を持っています。オウギガニ科のカニを食するのは避けたほうが無難です。

そんなスベスベマンジュウガニは毒で身を守るのですが、このカニにはもう一つ、特技があります。

このように、手のひらにのせると死んだふりをするのです。手・脚を丸めて食べられないようにしています。二重防衛といえるでしょう。

飼育はすごく簡単です。水質にもシビアではありません。餌はオキアミやキビナゴなどの切り身を与えると、喜んで食べます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます