イシガキダイを食べるその2 | 魚のブログ

イシガキダイを食べるその2

久しぶりにイシガキダイを食べることになりました。前回イシガキダイを食べる系の記事を書いたのはもう5年くらい前のことです。2008年の2月だそう。ということで、5年とおよそ9か月ぶりに食べるイシガキダイの報告ということになるでしょう。

イシガキダイといえば、あのイシダイと同属で、もちろん釣り人憧れのターゲット。特に大型の老成した個体は「クチジロ」と呼ばれ、口の周辺が白っぽくなります。これをみんなが追い求めます。この個体はまだ体に特徴的な石垣模様がありますが、口の周りはすでに白いです。

刺身。肉は脂も強いですが、薄造りでポン酢しょうゆは絶品なのです。白身で、味もよいのですが、歯ごたえが凄いです。これはなかなかのヒットです。これからの季節はしゃぶしゃぶでも絶対うまいって!

こちらは皮の湯引き。これもポン酢しょうゆでいただくと美味しいです。

イシガキダイは前にシガテラ毒を引き起こしたことがあり、販売を自粛していることがあります。今回は五島産で信頼できる場所から入手していますが、あくまでも自己責任でお願いいたします。

●イシダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます